スポーツ選手のケガ・スポーツ障害
整骨院とスポーツ整形の医接連携でより早い復帰をサポートします!

院長自らが長年陸上競技を続け、たくさんの恩師や地域の方々、そして整骨院の先生に助けられました。
中学校・高校の保健体育の教員免許も取得している院長が自らの経験と知識・技術力でスポーツを頑張っているこどもたちを全力でサポートします!



院長は陸上競技の福岡県の国体代表選手でした。全国大会走り幅跳び3位入賞、インターハイ優勝・国体入賞などの経歴の持ち主です。

 

スポーツ障害とは

外傷と障害

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷

捻挫・肉離れ・腱断裂・脱臼・骨折など、一度に強い外力(衝撃)が
加わることにより生じるものを指します。

障害

特定の部位に繰返し外力が加わり(オーバーユース)、軟部組織を
損傷するもので野球肘・野球肩・ジャンパー膝などと呼ばれているものがあります。

スポーツ障害の主な種類
 

原因と治療法

肉離れ
「筋繊維」や筋肉を包む「筋膜」、筋肉を構成する「筋繊維束」が部分的に切れたり、過度に伸びた状態。
原因 筋肉の瞬間的な収縮が過度に行われることによって筋細胞・筋膜が急激に引き伸ばされることが主な原因です。(ウォーミングアップ不足・筋肉疲労時)
症状 激しい痛みや腫れ・内出血・歩行困難などで、患部を伸ばすと痛みが増強するのが特徴です。(再発しやすいので注意が必要)    
治療 基本は「RICE(ライス)療法」R(REST=安静)・I(ICE=冷却)・C(COMPRESSION=圧迫)E(EREVATION=高挙)
患部を固定して安静にし冷却する。回復時には、温湿布やマッサージ・筋力強化などを行います。入念にストレッチングすることで予防できます。
捻挫
不自然な形・方向に一定の運動範囲以上の動きが強要される(捻る)ことで関節の靭帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことで身体のどこの関節にも起こる。スポーツ障害で最も多い疾患。
原因 スポーツで1番多く、次いで交通事故や日常生活の些細な行動でも起こりうる。
症状 患部が腫れる・患部を押すと痛い(圧痛)・捻った方向へ捻ると痛みが一層強くなる。
ケガをして2~3日経っても腫れが引かず、体重をかけると強い痛みが起こるなどの時は骨折が疑われます。
治療 基本は「RICE(ライス)療法」R(REST=安静)・I(ICE=冷却)・C(COMPRESSION=圧迫)E(EREVATION=高挙)
捻挫のレベルに合わせて、アイシング・超音波治療・弾力包帯やテーピングなどで患部を軽く圧迫し、できる限り患部を下げたり動かしたりないように指導します。
野球肘
成長期に野球の投球動作やテニスの素振り動作によって、筋肉や腱・軟骨や靭帯を痛めた状態
原因 野球の投球動作やテニスの素振り動作によるオーバーユース(使い過ぎ)、歪みによる身体のバランスの崩れで肘にストレス(負担)がかかりやすくなる。
症状 内側の痛み
(小中学生の少年期に多い)
内側靭帯(腕を回転させたり、手首を曲げたり、関節の内側を支える) に投球・素振りなどで繰返し負荷がかかるため
外側の痛み
(変化球を投げる高校生に多い)
発症初期は内側に痛みを感じ、放置することにより外側の痛みとなったり、変化球を投げたりすることで、軟骨同士がぶつかりあうため離断性骨軟骨炎の伸展痛(肘を伸ばす時、痛い)
治療 運動の制限・アイシング・電気治療(低周波・超音波)・テーピング・関節筋肉の整復
シンスプリント
シンスプリント(過労性脛部痛)は脛の骨の膜(骨膜)や周囲の筋肉に炎症を起こすことによる痛みのこと(下腿のランニング障害)
原因 オーバーユース(使い過ぎ)・足のアーチの低下・からだの歪みからくる重心のバランスが崩れてしまうなど
症状 脛(すね)の骨の腫脹・熱感、脛の骨の圧痛、歩行・走行時の痛み
治療 安静、スポーツの休止を指導(その間はエアロバイクなどでコンディションの調整)
スポーツの休止ができない場合は、入念なストレッチとアイシングを行う
疲労骨折
正常な骨に通常は骨折を起こさない程度の負荷が繰返し加わった場合に生じる骨折
原因 スポーツの負荷が繰返し同一の骨にかかることによる。
ほとんどのスポーツで起こり得ます。
症状 局所の疼痛、骨折部位の腫脹・隆起などが見られることもあります。運動の始まりに痛みが強く出て、途中は痛みが軽くなります。運動終了時から終了後にかけて痛みが強くなり、運動を休んでいる間は痛みはほとんど出現しません。
治療 スポーツの練習を中止し、超音波治療をしながら必要に応じて固定を行います。4週間から8週間の固定が必要なことが多い。激しい負荷のかかるスポーツ選手の場合、12~16週間の固定が必要な場合もあります。安静期間の後にリハビリを開始します。
ジャンパー膝
ジャンプ動作を頻繁に行うことで発症する膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎という二種類の腱に起こる炎症の総称
原因 ジャンプ動作の多用が要求されるスポーツで、膝への強い衝撃を伴うジャンプ動作を繰返し行うことで発症。
症状 ジャンプ時の膝の痛み、症状が重くなると膝蓋腱・大腿四頭筋腱の断裂を招く。
痛みはダッシュやジャンプの動作で強く、ジャンプでは着地動作での症状が強くなる傾向があります。
治療 保存療法として症状に応じて、安静・超音波治療・大腿四頭筋のストレッチ・テーピングやサポーター・温熱治療を行う。
症状が軽い時は、ストレッチの併用でスポーツ活動は可能ですが、運動開始時や終了時に痛みが出てきたら、スポーツの休止を指導します。
腰椎分離症
腰周辺の脊椎が断裂する(切れる)ことによって発症する病気です。
特定の骨に繰返しの負荷がかかって起こる骨折の一種。
原因 スポーツ障害以外では老化による骨の弱化が原因となって起こるものです。
スポーツ障害としての腰椎分離症では、オーバーユースによる疲労骨折が原因となって発症します。運動後のクールダウンが不十分だと発症しやすくなります。
症状 腰痛と背中の痛みが起こります。
また、上体反らしが難しくなるという症状も発症しやすくなります。
治療 保存療法として安静、大腿四頭筋のストレッチ・テーピング・サポーター・コルセット
腹筋・背筋の強化トレーニングの併用が効果的です。
場合によっては脊椎が切れた部分から上半身構えに滑り出す「腰椎すべり症」に発展することがあるので注意が必要です。
オスグッドシュラッター病
オスグッドシュラッター病とは膝の前面「脛骨粗面部」という軟骨の隆起している部分が太ももの筋肉に引っ張られて障害がおきた状態。
原因 サッカー・野球・陸上競技などの走る動作の繰返しやバレーボールなどの屈伸動作の繰返しなどで膝の脛骨粗面部にストレス(負荷)が加わり、じわじわと炎症を起こしていく。
症状 腫脹・熱感・(歩行時・膝の曲げ伸ばし・運動時・座る時)の痛み
治療 炎症が治まるまでは運動の制限(完全にストップ・ある程度の範囲内での運動)を指導。
患部の炎症をできるだけ早期に抑え、疼痛を緩和させるためアイシング。
その後、電気治療(低周波・超音波など)で、炎症・疼痛を緩和していく。
また、損傷した関節や筋肉を正しい位置に整え、正しい動きができるように整復する。
必要に応じてテーピング固定を行う。
 
 

アクセス・診療時間

 
午前8:30~12:00
午後2:00~  7:30  
木曜午後5:00まで
土曜午後1:00まで
土曜午後、日曜、祝祭日休診
受付:30分前までにお願い致します
 
整骨院概要

福岡県久留米市田主丸町田主丸1243-13

【アクセス】
JR田主丸駅 徒歩5分
国道210号線 田主丸総合支所信号より
南へ300m

【治療内容】
各種保険取扱、交通事故、労災、鍼灸治療(美容鍼・耳つぼ)、自費治療

【対応可能な症状】
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ
障害、鍼灸治療

 
スマートフォン | パソコン
 
インフォメーション
 
診療時間
 
午前8:30~12:00
午後2:00~  7:30  
木曜午後5:00まで
土曜午後1:00まで
土曜午後、日曜、祝祭日休診
受付:30分前までにお願い致します